不眠症(睡眠障害)について

睡眠障害とは

睡眠障害とは、睡眠に関して何らかの問題がある状態を言います。
睡眠障害というと、まず不眠症を思い浮かべがちですが、不眠症以外にもいろいろあり、昼間眠くて仕方ないという状態や、睡眠中に病的な運動や行動が起きてくる状態、睡眠のリズムが乱れて戻せない状態など、多くの病気が知られています。
日本では、一般成人のうちの約21%が不眠に悩んでおり、約15%が日中の眠気を自覚しているとの調査結果があります。その背景には、人口の高齢化、ライフスタイルの多様化、24時間社会における生活リズムの乱れ、ストレスなどがあるのかも知れません。
さて、睡眠障害が招く問題としては、一つには日常生活や社会生活に支障が出てくることが挙げられます。睡眠障害によって日中の眠気やだるさ、集中力の低下などが引き起こされると、日々の生活に支障をきたし、極端な場合には様々な事故につながることもあります。
また、睡眠不足や睡眠障害が長期間持続すると、生活習慣病やうつ病などにかかりやすくなると言われます。こうしたことから、睡眠障害は放置せず、適切に対処することが肝心です。
睡眠障害の治療は、疾患によって異なってきます。睡眠薬の服用だけが睡眠障害の治療ではありません。症状やサイン、診察や検査の結果から、その原因となる疾患が適切に診断され、原因に応じた治療をきちんと受けることが大切です。

不眠症とは

不眠症は睡眠障害の一つで、夜寝つきが悪い、眠った状態を継続できない、朝ひどく早く目が覚める、眠りが浅くて眠った気がしないなどの症状が続き、よく眠れないために日中の眠気、注意力の散漫、疲労や体調不良が起こってくる疾患です。
日本人の約5人に1人が、こうした不眠症に悩んでいると言われます。不眠症は、小児期や青年期には少ないのですが、20~30歳代に始まって加齢とともに増加していき、中年、老年になると急増し、60歳以上の方では、約30%の人が不眠に悩んでいると言われます。性別では、男性よりも女性に多いようです。
不眠の原因はストレス、心身の病気、薬の副作用など様々です。

不眠症の症状

不眠症の症状は、大きく次の4つのパターンに分けられます。これらのうち、複数の症状が同時に現れることもあります。

入眠困難

床に就いてもなかなか(30分~1時間以上)眠れない。

中途覚醒

いったんは寝付けても、夜中に何度も目が覚めてしまう。

早朝覚醒

起きようと思っている時刻、または通常の2時間以上前に目覚め、その後眠れなくなる。

熟眠障害

眠りが浅いため、睡眠時間の割には熟睡した感じが伴わない。

不眠症の治療

不眠症の治療は、原因を見極めたうえで、原因に応じた治療を進めていくことが大切です。原因を突き止めるためにも、不眠が気になったら、早めに専門医に相談することをお勧めします。眠れない状態を放っておくと、眠ることに対する不安やこだわりが強くなり、ますます眠れなくなるという悪循環に陥りがちだからです。
不眠症の治療には、睡眠薬を使う治療(薬物療法)と睡眠薬を使わない治療(生活指導など)の2つがあり、個々の患者様にふさわしい治療が行われます。

医院概要

  • 院名:勝田台メディカルクリニック
  • 診療科目:心療内科・精神科
  • TEL:047-481-3500
  • 住所:〒276-0023
    千葉県八千代市勝田台北2丁目1-37
アクセス
・京成線「勝田台」駅より徒歩4分
・東葉高速線「東葉勝田台」駅T3出口徒歩1分
 隣接駐車場あり
診療時間 日・祝
休診日:火曜・木曜・日曜・祝日・土曜午後
9:30~12:00
14:30~17:30